コンテンツ

イサキ

イサキ

時期:11月~翌7月末(8月~10月禁漁期間)

勝浦沖は、黒潮の影響で、周年通して海水温が温かい海です。
元来、勝浦の海底は岩礁で、その岩礁の集まりは様々なポイントを形成していて、そのポイントに、イサキの群れが居付いているのです。ポイントも広く、勝浦沖一体~御宿沖と、イサキのポイントが分布しています。

勝浦沖のイサキは、お客様の間でも、食べても美味いことで知られています。特に冬の時期に釣れるイサキは、「寒イサキ」として知られています。冬に釣れるイサキは、身に脂をたっぷり蓄え、その身はトロイサキ。
また、初夏に釣れるイサキは放卵時期で、卵、白子をもったイサキが狙い目です。
釣り方はコマセ釣りで、コマセ、付けエサは乗船料に含まれます。
仕掛けは、コマセカゴはFL60号を使用。中型片テンビンに、仕掛けはイサキ用仕掛けで、ハリスは1.5号で、ムツ針9号くらいがベスト。

針数は3本と決められています。

竿は2m位の長時間手持ちが可能なもの、リールは小~中型同軸もの、電動リールでもOKです。道糸はPE2-4号くらい。

最近はライトタックルで、釣りをする方も多く、その場合、コマセカゴがFL40号、道糸はPE1-2号です。詳しくはお問い合わせください。

イサキは、その引きも面白く、独特の三段引きが楽しめます。針数は3本ですが、全部の針に掛かってきたときの醍醐味は、また格別なものがあります。ぜひ、体験してみてください。